白髪染めをやめる方法とタイミングはココ!上手にやめたい方必見

白髪染めは、経済的にも精神的にも負担になってしまうことがあります。
最近は、芸能人でも白髪染めをやめる人が増え、白髪染めをやめるタイミングを見計らっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、白髪染めをやめれば、白髪は明らかに、そして急激に増えることになります。
タイミングを間違ってしまうと、周囲の人に思いもよらぬ反応をされる可能性もあるのです。

今回は、白髪染めをやめるタイミングの見極め方と白髪染めをやめないほうがいい人についてお話しします。

白髪染めを上手にやめる2つの方法

白髪染めをやめる方法は、2つあります。
ひとつ目は、白髪を染めることを一切やめる方法です。
白髪を一切染めないため、最初のうちは根元が白くなり、色のコントラストが激しくなります。

しかし、一定の長さまで白髪が生えてきた状態でショートカットにしてしまうと、一気に色を統一することができるのです。

ひとつ目の方法は、短期間で髪の色を一新させたい人やイメージチェンジをしたい人に適した方法でしょう。

ふたつ目は、徐々に色を変化させて白髪染めをやめる方法です。
白髪染めといえば、黒髪か茶髪にすることが当たり前でした。

しかし最近は、白髪をあえてカラフルに染めてオシャレを楽しむ人も多いのです。
白髪染めをやめれば、いずれ髪は白色になります。
ふたつ目の方法は、白色を抵抗なく受け入れるために、徐々に色味を薄くしていく方法です。

最初のうちは茶髪に染め、徐々に薄い茶色に変えてきます。

最後は、紫色など「白髪だからこそきれいに見える色」を選び、自分も周囲の人も「白髪を隠さないこと」に慣れていくのです。
ふたつ目の方法は、職場や友達に「急に白髪が増えた」と思われたくない人や自分自身が急に白髪になることに抵抗がある人に向いている方法でしょう。

▼ PR 白髪対策のためのシャンプー ▼
KAMIKA

白髪染めをやめる上手なタイミング

白髪染めをやめるタイミングは、立場や環境によっても違います。
子育て中の人は、親の白髪が増えることを嫌がる子どももいるのです。
自分の考えだけでやめることができないことも白髪染めをやめるタイミングの難しいところかもしれません。

子育て中で、子どもが親の白髪を気にしている場合は、子どもの卒業にあわせてあげてもいいでしょう。

子どもが中学校を卒業するまでは、親が学校に行く機会も多いものです。
白髪が多いと、やはり実年齢よりも上に見られがちなため、子どもは嫌がるかもしれません。

子どもが高校にあがれば、親が学校に行く機会も減り、子どもも「親は親、自分は自分」という考えが出てくるようになるでしょう。

一方、同じ職場で働き続けている人は、白髪染めをやめることで周囲の視線が気になるかもしれません。

2つの方法のいずれを選択しても、白髪染めをやめれば白髪が目立つようになります。
そういう場合は、自分の誕生日を白髪染めをやめるタイミングにしてみるといいのではないでしょうか。

同僚に「白髪が増えたわね」といわれても、「50歳の誕生日で白髪染めをやめたのよ」と説明することができます。

白髪染めをやめることで考えられる誤解

白髪染めをやめると、本人は経済的な負担も精神的な負担も減り、楽になるかもしれません。しかし、周囲の人がすべて「白髪染めをやめたんだわ」と受け入れてくれるとは限らないのです。

今まで、きれいに白髪染めを続けてきた人は、白髪のイメージが一切なかったかもしれません。

突然、白髪が増えてきたことで「なにか具合が悪いところがあるのでは」「白髪染めをしていられないほど大変な何かが起きているのでは」と周囲から変な目で見られていまうこともあるのです。

白髪染めをやめるときには、やはり自分も周囲も納得できる「理由」「きっかけ」を持っておくと、誤解を生まずに白髪染めをやめることができるのではないでしょうか。

白髪染めをやめないほうがいい人

白髪染めは、やめたほうがいいとは限りません。
白髪は、黒髪とは特徴やクセが違います。

光沢がなく、ピンピンとはねた白髪は清潔感に欠けて見られてしまいます。
普段から、髪の手入れが苦手な人は白髪染めを続けたほうが清潔感がある人に見られるでしょう。

また、白髪染めをやめると、やはり年齢は上にみられるようになります。
「歳をとった」ということを嫌だと感じる人は、無理して白髪染めをやめてショックを受けるよりも、白髪染めを続けて見た目も気持ちも若くいるほうがメリットが大きいでしょう。
白髪染めをやめて白髪が増えると「歳をとった」とみられる可能性もありますが、人によっては「落ち着いた」とみられることもあります。

今までは、年下の後輩から相談を受けることなんて全くなかった人が、白髪染めをやめたとたんに後輩から相談されることが増えたという人もいるのです。

白髪が「加齢現象の嫌なもの」と見られるか、「その人の内面をあらわしたもの」と見られるかは、日頃の言動によって変わってくるものなのかもしれません。

 

コメントは受け付けていません。