産後の頭皮のベタつきが気になる方におすすめなシャンプー術!

産後の美容トラブルで悩んでいませんか?

 

例えば、産後の頭皮のベタつきなんかも産後ママが抱えている美容の悩みの1つだったりします。ではなぜ産後になると、頭皮のベタつきが気になるようになるのか?と言いますと

 

産後3か月から1年にかけて女性ホルモンのバランスが乱れるからです。

 

またそれに加え、育児によるストレスや夜中の授乳による寝不足等の要素が加わりますので、個人差がありますが、頭皮がいつもよりデリケートになる場合があるんですね。

 

なので、普段から愛用しているシャンプーなのに刺激を感じやすくなり、刺激が皮脂の分泌を過剰にしてしまうのです。

そう、産後から1年はアンバランスな時期、頭皮のベタつきで悩むママさんもいますが、徐々に元に戻りますので安心してくださいね。

 

産後の頭皮のベタつきの原因①

女性ホルモンのバランスにあるでしょう。妊娠時は妊娠状態を維持する必要があるため、女性ホルモンの分泌が高くなり、それが維持されます。ですが、赤ちゃんを産んだ後は、ホルモンの分泌量が本来の状態に戻るため、妊娠時より減ります。その過程で頭皮や毛髪トラブルが起きやすくなります。

頭皮をベタつかせる原因って一体なに?

メデュラシャンプーのイメージ

赤ちゃんとのお風呂の場合、自分の洗髪はチャッチャと済ませていませんか?

洗い残しは頭皮をベタつかせる原因になります。またゴシゴシ洗うと頭皮を刺激しますので、刺激により頭皮の乾燥が進んでしまいます。乾燥が進むと皮膚の防衛機能が働きますので、頭皮は潤すために皮脂をどんどん分泌させるんですね。

 

さらに市販の安いシャンプーを毎日使っていると、強い洗浄成分によりいつまでたってもオイリートラブルから脱出できないかもしれません。

 

なので、頭皮のベタつきが気になる産後ママは、できるだけ頭皮に優しく、かつ成分にこだわったシャンプーに変えてみてください。

 

まず、頭皮に優しいシャンプーに変えると徐々に皮脂バランスが整い、頭皮のベタつきが気にならなくなります。また、成分にこだわったシャンプーを使わないと、頭皮の臭いって解消されないのです。

 

巷の量産シャンプーって使いやすさを重視しているので、無駄な成分がたくさん入っているんですね。産後の頭皮のベタつきで悩む方には、フケや痒みを抑える余計な成分って必要ないのではないでしょうか?

 

シャンプーは成分量が決まっていますので、無駄な成分が入ることで効果が分散され、本当に
欲しい効果が中途半端になるんですね。

だからこそ、頭皮のベタつきや臭いを防ぐための成分がしっかり配合されたシャンプーを選んだほうが良いんですね。

 

そう「ラスリッシュ」のようなシャンプーが
産後の頭皮のベタつきの解消にはおススメです!


>>産後の頭皮トラブルで悩む方のシャンプーはコチラ
 

産後は頭皮がデリケート!この成分入ったシャンプーは避けて!

産後はホルモンバランスの乱れやストレス、育児による寝不足などで頭皮が敏感になっています。なので、できるだけ刺激が強い成分が入ったシャンプーの使用は避けるようにしましょう!

 

ここでは、通販や店舗ですぐにわかるように成分をご紹介しますので是非参考にしてみてください。

《NG成分》

ラウレス硫酸ナトリウム
ラウリル硫酸ナトリウム
ベンジルアルコール
イソプロパノール
BHT
ジブチルヒドロキシトルエン
メチルイソチアゾリノン
メチルクロロイソチアゾリノン
サリチル酸
ジメチコン

さて、このくらいの知識があれば、成分表の中のNG成分を読み解くことができそうです。

頭皮のベタつきが原因で起こる最悪な症状とは?

頭皮のベタつきが原因で起こる最悪な症状は「抜け毛」「髪痩せ」です。

産後はごっそり髪が抜けたり、髪が痩せ細ってきたというママさんもいるのではないでしょうか?

その原因は先程もお伝えしたように、産後特有の女性ホルモン力の低下が原因です。また頭皮のベタつきが原因で抜け毛が起こることもありえます。

 

ではなぜ頭皮のベタつきがそのような症状を引き起こすかというと、ズバリ!過剰皮脂になると髪に栄養が送られなくなるからです。

 

過剰皮脂になるということは、皮脂が分泌される皮脂腺が大きくなっているからです。皮脂腺が発達して肥大化すると髪に送られるはずの栄養が皮脂腺に奪われてしまうんですね。

 

なので、髪は栄養不足になり、抜け毛や髪痩せの症状を引き起こします。

 

そこで、産後は野菜や魚、ナッツ類をできるだけ毎日摂り、髪の栄養の基礎であるビタミンやミネラルが不足しないように食生活を改善することをおススメします。

また大豆とナッツ類をしっかり食べて中から女性ホルモン力を維持するケアに努めましょう。産後の抜け毛の時期は、髪に必要な栄養をしっかり摂ることも重要ですよ。

湯シャンの効果とデメリット

産後のデリケートな頭皮に対し、湯シャンというシャンプー術を実践する方法もあります。

湯シャンすることで、シャンプーの界面活性剤や洗浄成分から離れることができるので、湯シャンを続けると、皮脂腺も徐々に正常になり皮脂バランスを整えることが期待できます。

 

でも、湯だけでシャンプーするのって不安な方もいますよね?

●余計ベタベタするんじゃないの?
●臭いはどうなの?
●湯だけで洗えるの?

色々な疑問が出てくると思います。正直、頭皮の健康維持で湯シャンはシャンプーよりも良いと言われていますが、湯シャンはやっぱ臭いの問題が付きまといます。

●頭皮がイキイキ
●脱毛予防
●髪にハリやコシが出る

湯シャンは髪にとって最高の環境を作れるシャンプー術ですが、臭いの問題を3か月乗り切れる女性は少ないかもしれません。

 

湯シャン専用の地肌クレンジングローションを使うことで、湯シャンのデメリットを解決する方法もありますが、それでも慣れるまでに時間がかかるでしょう。

 

産後の頭皮のベタつきが気になるなら、べたつきを防ぐ頭皮ケアシャンプーを使ってみませんか?ラスリッシュで産後のデリケートな頭皮をいたわってあげてください。


>>産後の頭皮トラブルで悩む方のシャンプーはコチラ
 

コメントは受け付けていません。