界面活性剤不使用のシャンプーを市販で探すのはムダなのっ!?

界面活性剤不使用のシャンプーを市販で探している方もいますよね?

 

ドラッグストアや量販店で、隈なく探せばあるかもしれませんが、界面活性剤不使用のシャンプーを、数万点ある市販シャンプーの中から探すのは困難に近いと思います。

 

それよりも、界面活性剤の特徴を知り、界面活性剤と上手に付き合っていく、そのほうが気楽に考えられるようになり、界面活性剤シャンプーも意外と大丈夫だと考える事ができると思います。

 

ズバリ!界面活性剤を完全否定してしまうのはまだ早いです。

界面活性剤の特徴は?

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせるための成分であり、シャンプーを作るためには不可欠な成分です。

 

頭皮の汚れを取る洗浄成分に採用されているのも界面活性剤ですし、美容成分の浸透剤として活用されているのも界面活性剤です。

 

驚くかもしれませんが、私たちが普段口にするマヨネーズやアイスクリームにも界面活性剤が使用されており、界面活性剤は100%健康に害とは言えないのです。

 

でもやはり、シャンプーに使われる洗浄剤としての界面活性剤だけは、頭皮にダメージを与えることから、必要悪という言われ方がなされています。

シャンプーに使用される界面活性剤の影響とは?

シャンプーの洗浄成分として使用される界面活性剤は、頭皮へのダメージが気になるところです。

 

洗浄成分には、頭皮・毛穴の汚れ、汗、皮脂、古くなった角質を洗い落とす機能があり、市販のシャンプーに採用される石油系の洗浄成分だと、洗いすぎるというデメリットは見過ごせません。

 

洗いすぎると、頭皮の乾燥が進み、頭皮を保護するはずのバリア機能まで低下してしまう。バリア機能が低下すると、紫外線やアレル物質の影響を受けやすいですし、頭皮が
敏感になって、頭皮トラブルの原因につながります。

どんなシャンプーを選ぶのか?

界面活性剤不使用のシャンプーは探すのが手間ですし、界面活性剤が入っているシャンプーでも、入っていてもそれがチャラになるくらい、保湿成分や美容成分がたっぷり入ったシャンプーを選べば、界面活性剤なんて気にする必要ないと思われます。

 

全成分のバランスが大事。

 

また最近では天然成分で作られた良質な界面活性剤が洗浄成分として採用されているシャンプーもあり、アミノ酸由来の洗浄剤が採用されたシャンプーは市販の物でも安心して使う事ができるでしょう。

アミノ酸系のシャンプーを選ぶには?

安心できる洗浄剤を採用しているシャンプーには、

コカミドプロピルベタイン、

ココイル~

ココアンホ~

などの洗浄剤を採用していることが多いです。成分欄からこれらの成分が入っていれば、刺激が弱い洗浄剤を採用している、と目安になります。

頭皮への刺激が強い洗浄剤の代表

ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウムは、石油系の洗浄成分であり、市販の中でも安いシャンプーに採用されてる場合は多い用です。

 

強い洗浄力と刺激を兼ね備えている洗浄剤ですから、当然、頭皮へのダメージは強いと考えたほうがいいでしょう。

シャンプーに防腐剤は必要です!

シャンプーに防腐剤は必要です。防腐剤の役割は、シャンプーの中身が腐らないようにすること。中身が腐り、酸化が進んだものを使うほうが頭皮に悪いですよね?

パラベン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、この3つのどれかが防腐剤として採用しているのであれば比較的安全性が高く、親切なメーカーのシャンプーであると言えます。

市販のシャンプーで優秀なのはどれ?

市販のシャンプーと言えど、成分にこだわりがあるシャンプーを選びたいのではないでしょうか?

ここでは、市販の安いシャンプーの中でも、成分にこだわりのある成分評価が高い優秀シャンプーをご紹介します。

クラシエのいち髪シリーズ全部

P&Gのパンテーン(エクストラダメージケア)
コーセーのジュレームアミノシャンプー

コーセーのジュレームリラックスシャンプー

マツキヨのルンタシャンプー

などは、アミノ酸系の洗浄成分が採用され、市販のシャンプーの中でも頭皮に優しく、お勧めできるシャンプーです。

 

コメントは受け付けていません。