散歩ダイエットでモデル級の美脚を目指す為に必要な距離って?

こんにちは、美ライフ200です。

いきなりですが、散歩ダイエットをして、
モデル級の綺麗な脚を手に入れるには、
一体どの位の距離をウォーキングすれば良いのでしょうか?

散歩ダイエットは、毎日の習慣にすれば
距離に比例して脂肪も燃焼させやすく
健康的になっていきます。

また、ウォーキングを継続するコツとしては
ただ歩くのではなく、季節や景色を楽しみながら歩くと
無理のないウォーキングができると思います。

これから解説をすることは、ウォーキングに
最も最適な距離や時間などを解説していきます。

散歩ダイエットの最適な距離とは?

散歩ダイエットを行う場合は
別に距離を意識する必要はありません。

ですが、距離が短すぎるのもいけないので
具体的な距離を説明していくことにしましょう。

散歩ダイエットは、大体30分くらいを目安で
距離としてはおこないます。

でも、散歩ダイエットは継続しやすい距離や時間を
あなた自身で探す必要があります。

ただ、初めから5キロも歩くというのは
かなりしんどい距離だと感じます。

なぜなら、いきなり5キロも歩くと
筋肉痛になるかもしれないし
毎日続けられるかも心配な距離だからです。

なので、最初はできる範囲で散歩ダイエットを開始しましょう。

つまり、距離がノルマみたいになってストレスを
感じないように続けられる距離にしたほうが良い
ということになります。

散歩ダイエットを効果的にするやり方

散歩ダイエットは
手軽にできるダイエット方法のひとつです。

散歩ダイエットの歩き方は
「背筋を伸ばして歩く」がとても大切です。

理由は、長時間猫背でいると頭の重さ6Kgを首だけで
支えることになるので、猫背姿勢で歩くことは首や肩など、
そして背中などに負担をかけるからです。

しかも、猫背で歩くということは
「腹筋」を鍛えることを放棄しています。

背筋を伸ばして腹筋も使うことで
適度にお腹に負荷がかかり筋肉がついていきます。

でも、筋肉がつくことを嫌がる人も
いるかもしれませんが、適度な筋肉は代謝が良くなるので
脚がスッキリとしたいなら必要なことです。

なので、散歩ダイエットの基本は
「背筋を伸ばして歩く」を心がけてください。

最近では背筋を伸ばすための
「ガードル」や「スパッツ」などが販売されているので、
そちらも利用すると良いでしょう。

また、背筋を伸ばして歩くのも
ポイントのひとつですが
もう一つ大事なことがあります。

それは、歩幅を身長の半分で歩くようにすると
太ももの内側に力が入り脚がスッキリとなりやすいです。

以上のようなやり方で散歩ダイエットを行えば
脚が太くなりにくいといえます。

散歩ダイエットで足が太くなる心配はない?

ウォーキングでも散歩ダイエットでも
脚が太くなるという心配をする方がいらっしゃいます。

ですが、散歩ダイエットをしたからといって
脚が太くなるというのは大きな誤解なのです。

理由は、下半身を鍛えることで
足がモデルのように細くなり
美脚作りに最適だからです。

そもそも、

散歩ダイエットやウォーキングをして脚が太くなる
というのは間違った方法で行っているからです。

まず、太ももの筋肉には「ハムストリングス」
という筋肉があります。

ハムストリングスとは、太ももの裏側にある
以下の3つの筋肉の総称をいいます。

・大腿二頭筋(だいたいにとうきん)
・半腱様筋(はんけんようきん)
・半膜様筋(はんまくようきん)

ただ、散歩ダイエットやウォーキングで
どうして脚が太くなるのかと言えば
とても簡単な事なのです。

それは「大腿四頭筋ばかり鍛えているから」です。

大腿四頭筋は、太ももの前側にある
4つの筋肉から成り立っています。

そのような筋肉だけを鍛えていると
脚が太くなって当然だといえます。

しかし、ハムストリングスを鍛えることで
お尻も引き締まり太もももスッキリとしていくのです。

なので、散歩ダイエットのやり方は
背筋を伸ばし身長の半分を歩幅として
歩くのがコツといえます。

コメントは受け付けていません。