ジャンクフードは太る《でもポテトマニアの私が太らない理由》

ジャンクフードは美味しいけど太るもと!

 

でも、ジャンクフードを食べる前にあるケアすると気にならなくなるかもしれません。ここでは、ジャンクフードを食べると太る理由とポテトマニアの私が太らない秘密について解説します。

ジャンクフードは太る!でも止めたくない

ジャンクフード

ハンバーガー、ポテト、ピザ、ラーメン、回転ずし、串カツ、つけ麺、焼き肉、お好み焼き、書いているだけでよだれが出そうになりますが、ジャンクフードってなぜあんなに美味しいんでしょうかね?

 

正直、毎日でも食べたいくらいなのに栄養価が低く、カロリーだけバカ高いので食べ過ぎると当然太ってしまう。

 

また、私のようにアラサーという年代になると、マック1回で次の日は顔がむくんでしまうのだ。

私はかなりのジャンクフード好きで、とくにマクドナルドのポテトが好き過ぎるのですが、とうとうバニラシェイクにたっぷり付けてポテトを食べるという悪い事までしでかしました。

当然、次の日顔パンパンで、そのパンパンの顔とぶよぶよのお腹を見るたびにもう絶対に
食べないと心の中で誓うのです。

 

ですが、週末になると欲してくるのよぉ(涙)で、また行ってしまんです。マックに。で、また太るんです。悲しい位に(大涙)

 

なので、もうこの繰り返しにピリオドを打とうとこんなものを始めてみました。それは何かというと話題の置き換えダイエットです。

酵素とダイエットの関係

グリーンスムージーの写真

私たちのカラダの中には「酵素」という栄養素が存在します。酵素とは消化と代謝といった体内における全ての活動に使われ、酵素なしでは生きていけないほど重要な役割を担う栄養素です。

 

例えば、手足が動くのも、心臓が動いているのも、瞬きするのも、口が動くのも酵素があるからだと思って頂いて良いでしょう。

基礎代謝が高いと太りにくい

基礎代謝が高いと脂肪が燃えやすく、基礎代謝が低いと脂肪が燃えにくい、この定義からお分かりの通り、ダイエット成功の秘訣は代謝アップにあります。

酵素の量は限られています。

酵素には体内酵素と食物酵素があります。

●食物酵素は食事から補給する酵素
●体内酵素は体内で作られる酵素

さらに体内酵素は、消化酵素と代謝酵素に分けられ、体内酵素は作られる量が限られているということ。

なので、食べれば食べるほど消化の為に酵素が消費され、その残りが代謝に回せる酵素という事になります。

ジャンクフードを食べると太る理由について解説。

ジャンクフードを食べると太りやすくなるのは、脂質とカロリーの化け物だから、という理由もあるでしょう。ですが、最大の理由はココなのでは?

 

ジャンクフードは酵素が含まれていない食事だから」という理由のほうが大きいと思われます。

 

つまり、食事をしても酵素が補給できないうえに、ジャンクフードの消化の為に酵素が使われるので代謝に回せる酵素が減ってしまうからだと思われます。

その結果、代謝がアップしないんですね。

ジャンクフード好きの太り方

ジャンクフード好きの太り方はいわゆる下半身太りです。

ジャンクフードをばかり摂ると脂肪分解酵素が不足するそうなのです。なので、お腹や腰回り、お尻周り、下半身に脂肪やセルライトが付きやすい傾向にあるようです。

空腹時、無性に食べたくなる物は何ですか?もし、それがジャンクフードなら、脂肪分解酵素が不足している可能性があります。

そのためにはセロリやきゅうり、新鮮な海藻類などを食べて、脂肪分解酵素を補給するように努力しましょう。

ジャンクフードが食べたくなる理由

ジャンクフードが大好きで、食べてもすぐに食べたくなる方いますよね?

 

その原因はジャンクフードを消化するための酵素が不足しているからです。なので、ジャンクフードを食べても栄養として吸収されないんですね。

 

栄養として吸収されないから満たされない、食べた気がしない、食べた気がしないからもっと食べたくなる。そう満たすために。

 

しかも、栄養して吸収されなかったジャンクフードは、脂肪として蓄積されますから非常に悪い傾向です。

 

なので、健康的にジャンクフードと付き合うためには、ジャンクフードをしっかり消化できる酵素を食べる前に補給するのがいい、という事が言えます。

太りにくい食べ方もあります

ジャンクフード

マックに行くと、勢いよくハンバーガーをがっついている方をよく見かけます。

 

右手にハンバーガー、左手にはポテト、もちろん、食べ方は自由なので否定はしませんが、太りにくいジャンクフードの食べ方をしたい方は良く噛んでゆっくり食べることを意識してみてください。

 

まず早食いをすると太りやすくなります。

 

なぜなら、食べると満腹中枢が上がって行きますが、早食いをすると満腹を感じる前にたくさん食べ過ぎてまうからです。

 

なので、良く噛んで食べてみてください。よく噛めば食事中に満腹中枢を感じるようになるので食べ過ぎを予防できます。

普段ハンバーガーを5つ食べる方も、良く噛んでゆっくり食べれば4個目のハンバーガーに
手を伸ばす前に満腹を感じて食べ過ぎを防ぐことができるかもしれません。

カロリーを計算して食べればジャンクフードも太らない

例えば、ランチはハンバーガーセットを注文して食べたとしましょう。ハンバーガーにポテトなど、ガッツリジャンクフードを食べたとします。

まぁ、ダイエット中ならジャンクフードはNGですが、ランチにジャンクフードを食べたからと言って決してNGなわけではありません。

では、何が悪いのかというと、その後も脂肪分が高い食べ物や炭水化物が多い物を食べたりしていませんか?ということです。

ランチにジャンクフードを食べた時は夜は野菜を多めに摂ったり、炭水化物や脂肪分を少なめにして、カロリーを計算しながら食べていればダイエット中であってもジャンクフードを
食べても良いんですね。

でも、太ってしまう方は、脂肪と炭水化物を1日のうちに何回も摂っていると思います。

カップラーメン、スナック菓子、ホットスナック、心当たりあるのではないでしょうか?

正直、ダイエット中であってもジャンクフードは食べたくなるもの、ですが、その後の食べ合わせやカロリーを計算しながら食べれば、“肥満へ一直線”という可能性は避けられるかもしれません。

ジャンクフードを食べても太らない方法

ジャンクフードを食べても太らない方法とはジャンクフードを食べる前に食事から食物酵素を補給しておくことがおススメです。

そうすれば、食物酵素がジャンクフードの消化を頑張るので、体内酵素が消費されずに済みます。その結果、代謝に回せる酵素がたくさん温存されますよね?

つまり代謝アップで、脂肪が燃えやすいカラダ作りができます。もちろん、即効性はなく、続ける必要はありますが。

食物酵素を補給する方法

基本、食物酵素は生野菜、果物、生肉、生魚、といった生の食材からしか補給できません。しかも、酵素の量は食材の鮮度に比例しますから

●採れたての生野菜
●もぎたての果物
●釣りたての生魚
●さばきたての生肉

が最も酵素が含まれる食材なのです。

 

また残念なことに、食材に熱を加えたり加工すると酵素はなくなりますので、スーパーの食品売り場で並ぶ食材は、時間も経っているでしょうし、酵素は微量かもしれませんね。

なので、酵素は健康食品やスムージーで摂ったほうが良いかもしれません。

私はスムージーを飲んでいるのでここではスムージーをご紹介しますが、ポテトマニアで美容マニアの私が選んだスムージーはかなりイケています。

>>専門家推奨のヒートスムージーはコチラ

 

コメントは受け付けていません。