季節の変わり目は肌の変わり目! 状態別スキンケアと化粧品見直術

季節が変わると肌の状態も変化します。乾燥が気になっていたはずの人がベトベト感に悩まされたり、いつも使っていたスキンケア化粧品が肌にあわなくなったりするのです。

 

今回は、季節の変わり目にチェックしたい「スキンケア見直し方法」についてお話しします。

乾燥肌だったのに「べたつき」が気になる時の見直し方法

季節が変わると肌の状態も変わります。寒い季節は乾燥が気になり、保湿を重視したスキンケアをしていう人が多いようです。

 

しかし、同じスキンケアを暖かくなっても続けていると「べたつき」が気になる始めるのではないでしょうか。

 

保湿を重視したスキンケアは、どうしても油分が多いスキンケア化粧品を使うことになります。

 

暖かい季節になると、汗や皮脂の分泌が多くなるため、油分が多いスキンケア化粧品を使い続けているとべたつくようになるのです。

 

ファンデーションにも夏用と冬用があるように、スキンケア化粧品も乾燥時期とそうでない時期を使い分けるといいでしょう。

 

乾燥が気になる季節は、しっかりと水分を与えた後に油分の膜を作ることが大切です。乾燥する時期は、肌表面から水分が蒸発するスピードがとても速いため、スキンケアにはスピードも求められます。

 

一方、気温が高くなると肌は汗や皮脂に覆われます。とくに皮脂が多く出る人は、その上から乳液やクリームをたっぷりと重ねてしまうと、毛穴が詰まってしまい吹き出物の原因になることもあるのです。

 

皮脂や汗洗い流してからスキンケアをすることがポイントになります。べたつきが気になり始めたということは、皮脂の分泌がさかんになり始めたということでしょう。

 

皮脂は落としすぎてもいけませんが、過剰な皮脂もよくありません。べたつきが気になり始めたら、肌に与えるスキンケア方法から洗顔やクレンジングを重視したスキンケア方法に変えるといいでしょう。

いつも使っていた化粧品があわなくなった時の見直し方法

季節が変わるといつも使っていた化粧品が肌にあわなくなることもあります。

 

一番あわなくなる可能性が高い化粧品は、ファンデーションではないでしょうか。

 

乾燥が気になる季節は、肌にフィットしている感覚があったにも関わらず、気温が上がってきたら肌にまとわりつくような感覚になってしまうことがあります。

 

実は、ファンデーションには夏用と冬用があり、使い心地に違いがあるのです。ファンデーションは、持ち歩きようにポーチに入れっぱなしにしていたり、洗面台の化粧品置き場に置いてあるものを季節を問わず使い続けてしまうことがあります。

 

そうすると、季節が変わったときに違和感を感じるようになるのです。乾燥する季節のファンデーションは、しっとり感が出るように作られています。そして気温が高くなってきたときの夏用ファンデーションはサラッとした質感になるように作られているのです。

 

季節が変われば服を着替える感覚で、ファンデーションも着替えてみてはいかがでしょうか。

肌のくすみが気になり始めたときの見直し方法

気温が高くなってくると、肌の色がくすんでみえることがあります。季節の変わり目は、体調を崩すことも多いので血色が悪くなって肌の色がくすんでいる可能性もあります。

 

スキンケアは、外からケアするだけでなく、体の内部からのケアも大切なのです。とくに春は新しい生活が始まるときです。やることが多くて睡眠時間や食事時間を確保することが難しいかもしれません。

 

しかし、体調を崩してしまっては元も子もありません。体調を整えることが、スキンケアにも大切なのです。

 

また、春は紫外線の量が増えます。冬と同じスキンケアを続けていると、あっという間に日焼けをしてしまい肌の色が一段暗くなってしまうことがあります。

 

肌の色が暗くなると、暗さをくすみと勘違いしてしまうこともあるのです。冬が終わって暖かくなり始めたら、いつものスキンケアに日焼け対策を加えることも忘れないようにしましょう。

 

季節の変わり目は、衣替えや新生活の準備など変化することがたくさんあります。春は大変なことも多いけれど、化粧品は春の新作が登場し、ウキウキすることも多いのです。

スキンケアは、続けることが大切です。楽しみながら自分にあったスキンケア方法をみつけましょう。

コメントは受け付けていません。