カサカサとベタベタの肌!さらに垢がボロボロ!で悩む方へ

乾燥する季節になると一般的に「肌は乾燥する」と言われます。
しかし意外と「カサカサしているのにテカテカ光るほどべたつく」という声です。
そして、カサつく肌はなぜかお風呂に入ってふやけてくると垢が出てきます。
今回は「カサカサしてベタつく垢がボロボロの肌」の対処方法についてお話しします。

カサカサとべたつきが同居する肌はツッパリ感が特徴

カサカサとべたつきが同居している肌は、肌の内側が乾燥しているのに表面は皮脂がたっぷりと出てきてべたついてしまいます。
そのため、内側と外側との潤いさによって「ツッパリ感」があるのです。
顔の肌は、腕や足の肌よりも薄いため「ツッパリ感」をつよく感じるでしょう。
「つっぱっている」と感じると、多くの人は「乾燥している」と思い、せっせとクリームを塗って油分の補給を始めます。
しかし実は、肌に足りていないものは油分ではなく水分なのです。
油分は、皮脂を分泌することでまかなっています。
皮脂は、べたつきを感じるくらい豊富に出ているのです。
十分に皮脂が出ているうえに、さらにクリームをプラスすることでさらに内側と外側のギャップが大きくなり、カサカサとべたつきがきになるようになります。

乾いている肌はターンオーバーがうまくいっていない!

カサカサしているときに必要なものは水分です。
肌にうるおいを与えるときには、必ず順番があります。
まず最初は、肌にたっぷりと水分を浸み込ませることがポイントなのです。
先にクリームで油分のふたをしてしまうと、油が水をはじき、水分が肌に入っていきません。
乾いている肌は「渇いている肌」なのです。

そして、カサカサに乾いた肌は肌が生まれ変わるサイクル「ターンオーバー」がうまくいっていない可能性が高いでしょう。
ターンオーバーがうまくいっている肌は、古い肌は垢となって落ち、新しい肌が生まれてきます。
生まれたばかりの肌はたっぷりと水分を保ち、水分や油分をせっせと補給してあげなくても、ちょうどいい塩梅でバランスを保ちやすくなっているのです。
しかし、ターンオーバーがうまくいかなくなると、古い肌は落ちることができず肌にくっついています。
古い肌がくっついていることで、カサカサになり肌の色はくすんできてしまうのです。
そして、古い肌はお風呂に入ってふやけてくると垢となってボロボロと出てきます。

不要な垢は落として乾燥させないことが上手な対処方法

お風呂に入って肌がふやけてくると、ちょっと指の腹でこすっただけで垢がボロボロと出てくることがあります。
ボロボロと出てきたものは、古い角質です。
古い角質は、くすみの原因になるため落としてしまってかまいません。
ただ、ボロボロと落とせば落とすほどくすみが取れるということでもないのです。
古くなった落ちるべき角質は落としてもいいのですが、残すべき角質は肌の潤いを保つために残しておく必要があります。
垢をボロボロと落とした後は、残すべき角質も落ちてしまっていることがあるため、いつも以上に水分をしっかりと補給してあげましょう。
べたつく肌は皮脂が多すぎるのです。
皮脂は肌が乾燥すると多めに分泌されます。
化粧水で水分をしっかりと補うことで過剰な皮脂の分泌を抑えることができるでしょう。
古い角質であった垢をしっかりと落としてから、化粧水でたっぷりと水分を補給した後は、乳液やクリームをできるだけ薄く塗ります。
乾燥が気になる人は、つい乳液やクリームを多めに塗って「肌を守った気持ち」になるようです。
しかし水分はたっぷり、油分は膜になるくらいに薄く塗ることがべたつきや毛穴トラブルを防ぐポイントになります。

間違ったスキンケアを続けている、乾燥対策をしていたはずが「乾燥+べたつき」になったりと悩みやトラブルが増えていまいます。
肌は、自身できれいになるターンオーバーという力を持っています。<br />
スキンケアは「ターンオーバーの力を手助けすること」と考え、過保護にしないことも大切なポイントではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。